神社 パワースポット

全国の神社とパワースポット

全国の神社

全国のパワースポット

【スポンサーリンク】

京都のパワースポット

京都のパワースポット-稗田野神社-space

約3000年前から続く祭祀

京都のパワースポット-稗田野神社

稗田野神社には、がん治療の木や石の輪くぐり、長寿の滝、必勝願掛け石などの、多くのパワーの源があります。 言い伝えによると、約3000年程前にこの地に住み着いた人達が現在の社殿の裏にある場所に土を盛り、そこで神様を祀っていたということです。 それから時が流れ、大和朝廷の基礎が出来上がった和銅2年(709)、丹波国守大神朝臣狛磨が朝廷の指示によって土盛の前に社殿を造営し、佐伯郷の産土神として祭り、国の安泰と五穀豊穣を祈りました。 これが稗田野神社の起こりだと伝えられています。 平安時代からの大祭として伝えられる「佐伯郷の燈籠祭」を行う佐伯郷4社の中心的神社です。 佐伯...  詳細ページへ

名称 稗田野神社(ひえだのじんじゃ)
祭神 保食命 (うけもちのみこと)
大山祇命(おおやまずみのみこと)
野椎命 (のづちのみこと)
神徳・ご利益 五穀豊穣・商売繁盛・無病息災・延命長寿・智恵・美人と癌封治
住所 亀岡市ひえ田野町佐伯垣内亦1
京都のパワースポット-出雲大神宮-space

成功を呼ぶ・縁を呼ぶ

京都のパワースポット-出雲大神宮

テレビで、スピュリチュアルカウンセラー江原氏や風水師のDr.コパ氏が、京都で一番のパワースポット、と紹介してから急に注目され出した神社が、出雲大神宮です。 社殿は室町期のもので重要文化財です。 大国主命・三穂津姫命の二柱をまつり、縁結びの神としても知られています。 背後にそびえる御影山も御神体であり、境内各所に磐座(いわくら)が鎮座するアニミズムの聖域です。 古神道の名残を数多く目にすることができます。 御影山からの恵みの水は『真名井の水』と呼ばれ、とても有名な水です。 古生代の石灰岩僧を伝って、火山噴火でできたマグマから湧き出ている名水で、ミネラルがバランスよく含まれる万病に効く...  詳細ページへ

名称 出雲大神宮(いずもだいじんぐう)
祭神 大国主命(オオクニヌシノミコト)
三穂津姫命(ミホツヒメノミコト)
神徳・ご利益 縁結び・長寿・金運・恋愛
住所 京都府亀岡市千歳千歳出雲
京都のパワースポット-木嶋坐天照御魂神社-space

京都のパワースポット-木嶋坐天照御魂神社

木嶋坐天照御魂神社(このしまにますあまてるみたまじんじゃ)は京都市右京区太秦にある神社です。 一般には「蚕ノ社」(かいこのやしろ)として知られています。 古来より、祈雨の神として信仰を集めていました。 太秦界隈は、まさしく秦氏が活躍した場所です。 木嶋坐神社は秦氏とのつながりが強く、養蚕、染色、機織りなどの中心地としてこの地の産業の守り神として祀られていました。 敷地内にある神池に三柱鳥居があります。3面で組まれている鳥居で、その中央に石が組まれています。 木嶋坐天照御魂神社は「木嶋に鎮座する天照御魂神の社」という意味で、本来は「天照御魂神」を祀る神社ということ...  詳細ページへ

名称 木島坐天照御魂神社(このしまにますあまてるみたまじんじゃ)
祭神 天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)
大国魂神(おおくにたまのかみ)
穂々出見命(ほほでみのみこと)
鵜茅葺不合命(うがやふきあえずのみこと)
神徳・ご利益 健康・病気治癒・大願成就・縁結・家内安全・商売繁盛
住所 京都府京都市右京区太秦森ケ東町50
京都のパワースポット-大酒神社-space

海から来た秦氏の源流。

京都のパワースポット-大酒神社

大避神社(おおさけじんじゃ)は、兵庫県赤穂市坂越(さこし)の宝珠山麓に鎮座する神社です。 瀬戸内海三大船祭りの1つ「坂越の船祭り」(重要無形民俗文化財)で知られています。 大酒神社の創建は古く、延喜式神名帳葛野郡二十座の中にもその名があります。 かつては、京都最古のお寺で聖徳太子や秦氏に縁のあるお寺、広隆寺の桂宮院(けいくういん)内にあり、伽藍神として祀られていました。 秦氏は、土木や養蚕、機織りなどの高い技術をもって大和政権の経済部門に影響を与えた一族です。 異国から来た秦氏の活躍は凄まじく朝廷と匹敵する力を持っていたとも言われています。 朝廷に税を納め...  詳細ページへ

名称 大酒神社(おおさけじんじゃ)
祭神 秦始皇帝・弓月王・秦酒公
秦始皇帝(しんのしこうてい)
弓月王(ゆずきのきみ)
秦酒公(はたのさけのきみ)
神徳・ご利益 厄払い・無病息災・長寿・縁結び
住所 京都市右京区太秦東蜂岡町
京都のパワースポット-白峯神宮-space

スポーツ選手に人気

京都のパワースポット-白峯神宮

白峯神宮(しらみねじんぐう)は、京都府京都市上京区にある神社です。 サッカー・野球・バスケットボール・バレーボールなどの球技の神様と言われている「白峯神宮」です。 修学旅行生を中心に抜群の人気があります。 白峯神宮は、もともとは、蹴鞠や和歌を教えることを家業としていた公家・飛鳥井(あすかい)家の屋敷の跡に建てられました。 本殿では、和歌でも有名な崇徳(すとく)天皇と、日本書紀を編集した舎人(とねり)親王の皇子である淳仁(じゅんにん)天皇の御霊が御祭神として祀られています。 崇徳天皇は、平安時代末期、保元の乱で讃岐に流されて亡くなった天皇です。 淳仁天皇とは、...  詳細ページへ

名称 白峯神宮(しらみねじんぐう)
祭神 崇徳(すとく)天皇
淳仁(じゅんにん)天皇
神徳・ご利益 球技・スポーツ芸能上達・学業・厄除け・無病息災
住所 京都府京都市上京区今出川堀川東入飛鳥井261
京都のパワースポット-紫式部の墓-space

女流作家が眠る地

京都のパワースポット-紫式部の墓

京都市北区北大路通南、堀川通西に、ひっそりと『源氏物語』で知られる女流作家の紫式部のお墓があります。 そしてその横に並んでいるのが、平安時代に活躍した詩人で学者だった小野篁(おののたかむら)のお墓。 小野篁は遣隋使「小野妹子」の子孫で、小野道風・小野小町の祖父とされる人物です。 小野篁は、あの世で地獄へと送り込まれる立場の人たちを弁護をしていた人です。 昼間は内裏に勤める役人でありながら、夜は井戸を通って地獄に降り、閻魔大王のもとで裁判の補佐役を務めていたという、奇怪な伝説の持ち主。 この共通項の見当たらない二人が並んで眠っていること自体、ずいぶん奇妙な取り合せだ...  詳細ページへ

名称 紫式部のお墓
祭神
神徳・ご利益 学業・仕事
住所 京都府京都市北区紫野西御所田町
京都のパワースポット-晴明神社-space

五芒星の神秘

京都のパワースポット-晴明神社

晴明神社(せいめいじんじゃ)は、京都市上京区にあります。 平安時代に大活躍した天文学者であり陰陽師だった安倍晴明が祀られている神社です。 創建は、寛弘4(1007)年、晴明公の偉業を讃えた一条天皇の命により、その御魂を鎮めるために、晴明公の屋敷跡である現在の場所に社殿が設けられました。 安倍晴明は、天体を移り行く星や雲の動きを観察し、宮殿の異変や遠方での吉凶を言い当て、朝廷を始め多くの人々から信望されていました。 花山天皇の退位を予知したり、大江山の鬼退治を指導した話は有名で、百占奇中神の如しと称せられました。 また職神(一種の精霊)を自在に駆使したといわれ、そう...  詳細ページへ

名称 晴明神社(せいめいじんじゃ)
祭神 安倍晴明御霊神
神徳・ご利益 縁結び・厄除け・健康・仕事・勝負運・交通安全
住所 京都府京都市上京区堀川通一条上ル806
京都のパワースポット-車折神社-space

芸能人が大勢訪れるパワースポット

京都のパワースポット-車折神社

車折神社(くるまざきじんじゃ)は、京都市右京区嵯峨にある神社です。 ちょうど嵐山と太秦の真ん中ぐらい、嵯峨野めぐりのエリアからはちょっと離れた場所にあります。 平安時代後期の儒学者、清原頼業(きよはらのよりなり)を祭神としています。 頼業公が桜の木を愛でていたことから、廟の周りにたくさんの桜の木が植えられ、春になると桜の花が咲き乱れることから「桜の宮」と称されていました。 境内には、天守受売命(あめのうすめのみこと)が祭神となっている「芸能神社」があり、芸能面での信仰がとても厚い神社です。 日本神話によると、天照大御神(あまてらすおおみかみ)が岩戸に隠れてしまい、...  詳細ページへ

名称 車折神社(くるまざきじんじゃ)
祭神 清原頼業(きよはらのよりなり)
天守受売命(あめのうすめのみこと)
神徳・ご利益 学業・仕事・勝負・金運・芸能・縁結び
住所 京都府京都市右京区嵯峨朝日町23
京都のパワースポット-飛行神社-space

受験生にも人気があります

京都のパワースポット-飛行神社

飛行神社は、飛行原理を発見した二宮忠八翁が、飛行機事故殉難者の御霊をお祭りするために、京都府八幡市の自宅地内に創設した神社です。 以後、遺志遺徳を引継ぎ、広く航空業界の安全と発展を願っています。 二宮忠八(1866-1915) は、わが国で初めて、飛行機を発明した人です。 彼は明治24年「カラス型飛行器」というゴム動力によるプロペラ式の模型飛行機を発明しました。 プロペラ式の模型飛行機としては世界初でした。 彼はさらに工夫を重ねて、人を乗せて飛べる「玉虫型飛行器」の模型を完成させたのですが、どうしても動力部分は個人の努力と資金だけでは限界がありました。 そこ...  詳細ページへ

名称 飛行神社(ひこうじんじゃ)
祭神 饒速日命(にぎはやひのみこと)
航空殉難者の霊
神徳・ご利益 交通安全・家内安全・仕事・健康
住所 京都府八幡市八幡土井44
京都のパワースポット-御髪神社-space

頭髪に効きます

京都のパワースポット-御髪神社

御髪神社は、京都市右京区嵯峨にある、日本で唯一の頭と髪にまつわる神社です。 御髪神社は日本で唯一の髪の神社で、日本最初の髪結いとされる実在の人物、藤原采女亮政之(ふじわらうねめのすけまさゆき)を奉っています。 京都市の理美容業界関係者らによって髪の健康を祈願し、1961(昭和36)年に創建されました。 そのため理容美容業者から厚い信仰をうけ、業界の関係者が数多く訪れます。 ご利益を求めて、髪の毛を増やしたい男の参拝も多く、絵馬には切実な悩みが書かれ奉納されています。 余談ですが、こちらの宮司さんは80歳くらいですが、フサフサの髪の毛をしています。 藤原采女亮...  詳細ページへ

名称 御髪神社(みかみじんじゃ)
祭神 藤原采女亮政之(ふじわらうねめのすけまさゆき)
神徳・ご利益 健康・恋愛・美容・仕事・合格祈願
住所 京都府京都市右京区嵯峨小倉山田淵山町10?2
京都のパワースポット-宝積寺-space

お金がどんどん増えてくる

京都のパワースポット-宝積寺

宝積寺(ほうしゃくじ)は、京都府乙訓郡大山崎町の天王山中腹にある真言宗智山派の仏教寺院です。 聖武天皇が夢で竜神から授けられたという「打出」と「小槌」を祀ることから、通称「宝寺」(たからでら)の別名があり、大黒天宝寺として商売繁盛のお寺として知られています。 宝積寺の創建年代は不詳ですが、室町時代の創建と考えられています。 宝積寺は、天正10年(1582年)に羽柴秀吉と明智光秀が山崎の戦った際、秀吉の本陣となり、禁門の変では尊皇攘夷派の真木保臣を始めとする十七烈士らの陣地が置かれた場所です。 ちなみに、お寺の途中にあるお墓には、十七烈士の碑があります。 羽柴秀吉が...  詳細ページへ

名称 宝積寺(ほうしゃくじ)
祭神 十一面観世音菩薩
神徳・ご利益 金運・ギャンブル・商売繁盛・仕事運・勝負運
住所 京都府乙訓郡大山崎町字大山崎小字銭原1
京都のパワースポット-今宮神社-space

玉の輿に乗りたい女性に大人気

京都のパワースポット-今宮神社

今宮神社(いまみやじんじゃ)は、京都市北区紫野にある神社です。 平安遷都後にはしばしば疫病や災厄が起こり、994年(正暦5年)に新たに御輿を造営し、都の悪疫退散を祈ったのが今宮神社の起こりと伝えられています。 また今宮神社は、別名「玉の輿(たまのこし)神社」とも呼ばれています。 こちらの神社に参拝すると、玉の輿に乗れるという言い伝えがあるのです。 良縁のお社は全国に数多くありますが、「玉の輿に乗れる」という神社は日本でたった一つでしょう。 玉の輿という言葉の由来は、江戸時代、西陣にお玉さんという八百屋の娘さんがいて、三代将軍徳川家光に見初められて側室になり、後に五...  詳細ページへ

名称 今宮神社(いまみやじんじゃ)
祭神 大己貴命(おおなむちのみこと)
事代主命(ことしろぬしのみこと)
奇稲田姫命(くしなだひめのみこと)
素盞鳴命(すさのをのみこと)
神徳・ご利益 健康・金運・子宝・恋愛・縁結び
住所 京都府京都市北区紫野今宮町21
京都のパワースポット-安井金比羅宮-space

悪縁を切って良縁を呼びたい人の味方

京都のパワースポット-安井金比羅宮

安井金比羅宮(やすいこんぴらぐう)は京都府京都市東山区にある、「安井のこんぴらさん」で有名な神社です。 それほど大きくない神社ですが、京都のど真ん中でアクセスしやすいことから、京都の有名パワースポットとして連日大勢の参拝者でにぎわっています。 ご祭神は、「日本三大怨霊」とも呼ばれた崇徳天皇です。 保元の乱で讃岐に流された崇徳天皇が、讃岐の金刀比羅宮で欲を断ち切ったことから、断ち物の祈願所として信仰されました。 まずびっくりするのが、何やら神がベタベタ貼られたドームのようなもの。 これは『縁切り縁結び碑』というもので、参拝者の願い事が書かれた形代がびっしりと貼られて...  詳細ページへ

名称 安井金比羅宮(やすいこんぴらぐう)
祭神 崇徳天皇(すとくてんのう)
大物主神(おおものぬしのかみ)
源 頼政(みなもとのよりまさ)
神徳・ご利益 縁結び・美容・健康・縁切り・みちひらき
住所 京都市東山区下弁天町70
京都のパワースポット-泉涌寺-space

最も美しい観音像が鎮座する寺

京都のパワースポット-泉涌寺

泉涌寺 (せんにゅうじ)は、京都市東山区泉涌寺山内町にある真言宗泉涌寺派の総本山の寺院です。 弘法大師・空海がこの地に法輪寺(ほうりんじ)と呼ばれる寺を建てたのが由来です。 その後、1218年に月輪大師(がちりんたいし)がこの聖地の寄進を受けて、大伽藍を建設していた時、境内の一角から清水が湧き出たことから、「泉涌寺」と呼ばれるようになりました。 天皇家からも篤く信仰されていることから泉涌寺は、『御寺(みてら)』とも呼ばれています。 日本で唯一の皇室の菩提寺で、戦前は一般の人は参拝できなかったお寺です。 泉涌寺の宗風は、天台・真言・禅・浄土、それぞれ日本を代表する宗...  詳細ページへ

名称 泉涌寺(せんにゅうじ)
祭神 釈迦如来
阿弥陀如来
弥勒如来
神徳・ご利益 恋愛成就・縁結び・美容・無病息災・健康回復
住所 京都府京都市東山区泉涌寺山内町27
京都のパワースポット-鞍馬寺-space

天狗・牛若丸の伝説の地

京都のパワースポット-鞍馬寺

鞍馬寺(くらまでら)は、京都府京都市左京区鞍馬本町にあるお寺です。 1949年まで天台宗に属していましたが、以降独立して鞍馬弘教総本山となりました。 鑑真(がんじん)和上の高弟である鑑禎(がんてい)上人が宝亀元年(770年)にこの地に草庵を造り、毘沙門天を安置したのが鞍馬寺の創始であると伝えられています。 鞍馬山は標高584メートル、牛若丸=源義経がこの山に住む天狗に兵法を教えてもらったという霊山として知られています。 鞍馬寺からケーブルカーを利用して多宝塔駅で降り、そこから300メートルほど続く参道を歩きます。 すると目の前に鞍馬寺の本堂があります。 山門...  詳細ページへ

名称 鞍馬寺
祭神 毘沙門天王
千手観世音菩薩
護法魔王尊
神徳・ご利益 大願成就・勝負運・仕事
住所 京都府京都市左京区鞍馬本町1074
京都のパワースポット-貴船神社-space

天狗伝説&絵馬発祥の神社

京都のパワースポット-貴船神社

貴船神社は、京都府京都市左京区にある、鴨川の水源地にあることから、水の神さまとして信仰されている神社です。 全国に約500の分社を持つ貴船神社の総本宮でもあります。 平安時代の有名な女流歌人、和泉式部が夫の心変わりに思い悩んだ末に参拝し、みごと復縁&夫婦円満を叶えたとされ、以来、えんむすびの神としても若い世代より絶大な崇敬を集めています。 鴨川の水源地にある貴船神社は、本宮、結社、奥宮の3社があります。 絵馬が始まったのが貴船神社だと言われています。 昔は、晴れて欲しいときは白い馬、雨乞いのときは黒い馬を神社に奉納していました。 後に、庶民でも誰もが奉納できるようにと、木の板に馬の...  詳細ページへ

名称 貴船神社
祭神 高?神 (たかおかみのかみ)
磐長姫命(いわながひめのみこと)
神徳・ご利益 大願成就・縁結び・恋愛・夫婦円満
住所 京都府京都市左京区鞍馬貴船町180

大阪のパワースポット

大阪のパワースポット-堀越神社-space

一生に一度のお願い

大阪のパワースポット-堀越神社

堀越神社(ほりこしじんじゃ)は、大阪市天王寺区茶臼山町にある神社です。 聖徳太子が四天王寺を創建した際、崇峻天皇を祭神として風光明媚な茶臼山の地に社殿を造営したのが最初。 現在は交通量の多い谷町筋に面していますが、境内は樹齢数百年に及ぶ樹木をはじめ緑が多く、閑静な境内を構成しています。 聖徳太子は四天王寺を建立した際、その守護として四天王寺を取り囲むようにして四天王寺七宮(してんのうじしちみや)も同時につくりました。 その7つある神社のうちの1つが堀越神社です。 「一生に一度のお願いを聞いてくれる神様」として、昔から大阪の人たちに親しまれてきました。 ここで...  詳細ページへ

名称 堀越神社(ほりこしじんじゃ)
祭神
神徳・ご利益 縁結び・健康・金運・家内安全・勝負運
住所 大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1?8
大阪のパワースポット-大江神社-space

阪神タイガースファンの神社

大阪のパワースポット-大江神社

大江神社(おおえじんじゃ)は、大阪府大阪市天王寺区にある神社です。 四天王寺の鎮守である四天王寺七宮のひとつです。 大江神社の創建の年代は不明ですが、神仏を混淆して毘沙門天を祀っていました。 乾の社と称して四天王寺の所管となり、境内に神宮寺を建てて、神道の祭祀も僧徒が当っていました。 明治維新後、神仏が分離され、慶應三年に今の大江神社に社名が改められました。 また、この地は「蛤御門の変」で戦死した長州藩士48士を合祀した「招魂社」があったのですが、第二次世界大戦後 長州藩士48士は靖国神社や霊山護国神社に合祀されたため 現在は「旧山口藩殉難諸士招魂之碑」が残されて...  詳細ページへ

名称 大江神社(おおえじんじゃ)
祭神 豊受大神 (とようけのおおかみ)
素戔嗚尊 (須佐之男命・すさのおのみこと)
大己貴命 (おおなむちのみこと)
少彦名命 (すくなひこなのみこと)
欽明天皇 (きんめいてんのう)
神徳・ご利益 勝負運・厄除け・金運・五穀豊饒・家内安全・商売繁盛・無病息災
住所 大阪府大阪市天王寺区夕陽丘町5?40
大阪のパワースポット-愛染堂-space

腰痛封じに参拝者が訪れる

大阪のパワースポット-愛染堂

愛染堂(勝鬘院)は593年に聖徳太子によって建立されたお寺です。 当初は庶民救済の地として薬草を植えて病人に与える「施薬院」の役割を果たしていました。 「勝鬘院」の名は、この地で聖徳太子が勝鬘経の教えを説き、金堂に勝鬘夫人を安置していることから名付けられました。 「愛染堂」の名は、金堂に縁結び・夫婦和合のご利益に厚い愛染明王が祀られていることから、こう呼ばれています。 境内にそびえ立つ多宝塔は織田信長に焼き払われたものの、豊臣秀吉によって再建され、市内唯一の桃山時代の建物として国の重要文化財に指定されています。 また、境内の如来像には身代わり地蔵と身代わり観音が立...  詳細ページへ

名称 愛染堂(あいぜんどう)
祭神 愛染明王
神徳・ご利益 縁結び・夫婦和合・健康・商売繁盛・家内安全・子宝・美容・恋愛
住所 大阪府大阪市天王寺区夕陽丘町5-36
大阪のパワースポット-住吉大社-space

1800年もの間、大阪人を見守ってきた神社

大阪のパワースポット-住吉大社

住吉大社(すみよしたいしゃ)は、大阪府大阪市住吉区住吉にある、東の明治神宮、西の住吉大社と言われるくらい有名で人気の神社です。 全国に約2,300社ある住吉神社の総本社であり、下関の住吉神社、博多の住吉神社とともに「日本三大住吉」の一社です。 創建は西暦211年ごろ、神功皇后の新羅出兵の際に、住吉大神の力を頂いたことからはじまった関西屈指の古宮。 毎年初詣には、200万人以上もの人が訪れます。 海上安全に一番ご神徳がありますが、末社の侍者社(おもとしゃ)は縁結び、種貸社は商売繁盛と、すべての願いごとを聞いてくれます。 水を司どる神 住吉大社のご利益が多岐にわ...  詳細ページへ

名称 住吉大社(すみよしたいしゃ)
祭神 底筒男命 (そこつつのをのみこと)
中筒男命 (なかつつのをのみこと)
表筒男命 (うはつつのをのみこと)
息長足姫命 (おきながたらしひめのみこと)=神功皇后
神徳・ご利益 海上安全・縁結び・商売繁盛・五穀豊穣・芸術
住所 大阪府大阪市住吉区住吉 2丁目 9-89
大阪のパワースポット-枚岡神社-space

復活のパワー

大阪のパワースポット-枚岡神社

枚岡神社(ひらおかじんじゃ)は、大阪府東大阪市にある神社です。 延喜式の神名帳にもその名がある河内国一ノ宮の古社で、創祀は神武天皇即位前3年と伝えられています。 後に奈良の春日大社に枚岡神社の二分霊を祀ったことから「元春日」とも呼ばれています。 本殿は豊臣秀頼が片桐且元に造営させたと伝えられていますが、現在の本殿は1826年に再建されたもの。 府下随一と言われる秋祭りは、ふとん太鼓の宮入りや地車の曳行などが行なわれ、勇壮かつとても華やかなお祭りです。 毎年年末の12月25日には、新しいしめ縄を掛け替えて大勢で笑う「注連縄掛神事」(しめかけしんじ)、通称「お笑い神事...  詳細ページへ

名称 枚岡神社(ひらおかじんじゃ)
祭神 天児屋根大神(あめのこやねのみこと)
比売大神(ひめみかみ)
武甕槌大神(たけみかづちのみこと)
経津主命(ふつぬしのみこと)
神徳・ご利益 厄払い・安産・交通安全・商売繁盛・無病息災・合格祈願・学業
住所 大阪府東大阪市出雲井町7-16
大阪のパワースポット-生國魂神社-space

大阪三大夏祭り

大阪のパワースポット-生國魂神社

生國魂神社(いくくにたまじんじゃ)は、大阪府大阪市天王寺区にある、「生玉さん」の通称で親しまれている神社です。 ご祭神は生島大神(いくしまのおおかみ)と足島大神(たるしまのおおかみ)。 神武天皇が九州から東に向かった神武東征の際に、難波津に辿り着いたとき、現在の大阪城付近に祀ったのが始まりとされています。 後に相殿神として大物主大神(おおものぬしのおおかみ)を祀りました。 大物主大神は「ダイコクさん」として知られています。 『日本書紀』には「生國神社」、平安時代の『延喜式』には「難波坐生國咲國魂神社」と記載されている由緒ある神社です。 11社の境内社があり、...  詳細ページへ

名称 生國魂神社(いくくにたまじんじゃ)
祭神 生島大神(いくしまのおおかみ)
足島大神(たるしまのおおかみ)
大物主大神(おおものぬしのおおかみ)
神徳・ご利益 大願成就・縁結び・悪縁切り・勝負運・方位除け・家内安全・芸能・学業・建築・無病息災
住所 大阪市天王寺区生玉町13-9

奈良のパワースポット

奈良のパワースポット-石上神宮-space

現存する日本最古の神宮

奈良のパワースポット-石上神宮

石上神宮は、大和盆地の中央東寄り、龍王山(りゅうおうざん)の西の麓、布留山(ふるやま・標高266メートル)の北西麓の高台に鎮座しています。 北方には布留川が流れ、周辺は古墳密集地帯として知られています。 石上神宮の境内はうっそうとした常緑樹に囲まれ、神聖なる自然の姿を今も残しています。 飛鳥から奈良へと続く日本最古の道「山の辺の道」の中間に位置し、飛鳥時代の豪族、物部氏の総氏神としてとても栄えた神社です。 元々は朝廷の武器庫でもありました。 石上神宮は、『日本書紀』にも日本最古の神宮の一つと記述されていて、古代信仰の中でも特に異彩を放ち、健康長寿・病気平癒・除災招...  詳細ページへ

名称 石上神宮(いそのかみじんぐう)
祭神 布都御魂大神 (ふつのみたまのおおかみ)
神徳・ご利益 健康長寿・無病息災・大願成就
住所 奈良県天理市布留町384
奈良のパワースポット-蜻蛉の滝-space

天気の良い日には滝壺に虹がかかる

奈良のパワースポット-蜻蛉の滝

蜻蛉の滝(せいれいのたき)は、奈良県吉野郡の高さが50メートルもある滝です。 やまとの水(平成3年12月選定)にも選ばれ、岩壁の黒さと水しぶきの対比がとても美しい、2段の滝です。 第21代雄略天皇がこの地を狩に訪れた時のこと、天皇の臂(ひじ)に虻(あぶ)が食いついたのをどこからともなくきた蜻蛉(とんぼ)が噛み殺したという伝説からついた名前です。 このため、この地を蜻蛉野(あきつの)と呼び、現在あきつの小野と呼ばれています。 その後も天武天皇、持統天皇も行幸し、宮人たちも多くこの地を訪れたことが万葉集に記されているほか、松尾芭蕉をはじめ、多くの文人墨客もこの滝を見に訪れて...  詳細ページへ

名称 蜻蛉の滝(せいれいのたき)
祭神 弁財天・不動明王・役行者
神徳・ご利益 無病息災・大願成就・家庭円満
住所 奈良県吉野郡川上村西河
奈良のパワースポット-天河大辨財天社-space

五十鈴の響きは天の響き

奈良のパワースポット-天河大辨財天社

天河大辨財天社は、宗像三女神の一人、市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)を主祭神とする、芸能の神としてよく知られている神社です。 また、世界遺産の大峰山の麓に位置し、古より水の神として崇められてきました。 厳島、竹生島と並ぶ日本三大辨財天の一つで、古来より吉野の聖地として人々の信仰を集めてきた場所でもあります。 別名天河神社ともいい、日本三大弁財天の筆頭・大峯本宮とされています。 天照大神が天の岩戸に隠れたとき、アメノウズメノミコトが神代の鈴を付けた矛をもって岩戸の前で舞った時の鈴は、天河大辨財天社にある五十鈴と同様のモノなのだそうです。 江戸時代までは琵琶山白飯...  詳細ページへ

名称 天河大辨財天社(てんかわべんざいてんじんじゃ)
祭神 市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)=辨財天
神徳・ご利益 金運・芸能・学業・無病息災・五穀豊穣
住所 奈良県吉野郡天川村坪内
奈良のパワースポット-丹生川上神社中社-space

水神が宿る由緒ある神社

奈良のパワースポット-丹生川上神社中社

丹生川上神社(にうかわかみじんじゃ)は、奈良県吉野郡東吉野村にある神社です。 丹生川上神社は本来は一社であるべきであるが、現在、三つの神社が丹生川上神社を名乗っています。 それぞれ上社、中社、下社と呼ばれています。 丹生川上神社は天武年間(673~687年)、天武天皇の頃に創祀されたと伝えられていますが、三つの神社の内、何れが本来の丹生川上神社かについては明確ではなく、上社、中社、下社という名前には位置関係や社格の上下を表すものではありません。 水神を祀り、雨乞いや天止めの神社として朝廷に厚く崇敬されています。 かつては蟻通神社と呼ばれていました。 皇室からの崇...  詳細ページへ

名称 丹生川上神社中社(にうかわかみじんじゃちゅうしゃ)
祭神 罔象女神(みずはのめのかみ)
神徳・ご利益 開運招福・大願成就・交通安全・家内安全・商売繁盛・五穀豊穣
住所 奈良県吉野郡東吉野村小968
奈良のパワースポット-丹生川上神社下社-space

どこまでも続く階段の先に拝殿がある

奈良のパワースポット-丹生川上神社下社

丹生川上神社中社(にうかわかみじんじゃしもしゃ)は、吉野川の支流の一つである高見川を遡った深山幽谷の地、奈良県吉野郡下市町にある神社です。 それぞれ上社、中社、下社と呼ばれています。 丹生川上神社は天武年間(673~687年)、天武天皇の頃に創祀されたと伝えられていますが、三つの神社の内、何れが本来の丹生川上神社かについては明確ではなく、上社、中社、下社という名前には位置関係や社格の上下を表すものではありません。 丹生川上神社3社のうち最初に認定されたのは、古来から祈雨や止雨の神様、農耕殖産の守護神として丹生大明神と呼ばれ、広く崇敬されてきた現在の下社です。 六国史の一...  詳細ページへ

名称 丹生川上神社下社(にうかわかみじんじゃげしゃ)
祭神 闇□神(クラオカミノカミ)
神徳・ご利益 縁結び・学業・勝負運・家内安全
住所 吉野郡下市町長谷1-1
奈良のパワースポット-高鴨神社-space

全国の鴨、加茂、賀茂神社の総本宮

奈良のパワースポット-高鴨神社

高鴨神社(たかかもじんじゃ)は、奈良県御所市の金剛山東山麓にある神社で、京都の賀茂神社(上賀茂神社・下鴨神社)を始めとする全国のカモ(鴨・賀茂・加茂)神社の総本社です。 鴨一族はひろく全国に分布し、賀茂(加茂・賀毛)を郡名にするものが安芸・播磨・美濃・三河・佐渡の国にみられ、郷村名にいたっては数十にもなります。 高鴨神社は、その鴨族が氏神として祀っていた神社です。 祀られているのは、阿治須岐高日子根命(あじすきたかひこねのみこと)、別名、迦毛之(かもの)大御神(おおみかみ)。 大御神と呼ばれる神様は、古事記では天照大御神だけです。 では、天照大御神と同格に扱われて...  詳細ページへ

名称 高鴨神社(たかかもじんじゃ)
祭神 阿治須岐高日子根命(あじすきたかひこねのみこと)(迦毛之(かもの)大御神(おおみかみ))
事代主命(ことしろぬしのみこと)
阿治須岐速雄命(あじすきはやおのみこと)
下照姫命(したてるひめのみこと)
天稚彦命(あめわかひこのみこと)
神徳・ご利益 商売繁盛・勝負運・五穀豊穣・家内安全・事業安定・国家安泰
住所 奈良県御所市鴨神1110
奈良のパワースポット-高天彦神社-space

『あっ、神様いるわ』 と思う神社

奈良のパワースポット-高天彦神社

高天彦神社(たかまひこじんじゃ)は、奈良県と大阪府の県境にある金剛山の麓に建つ神社です。 5世紀ごろに栄えた葛城氏の祖神「高皇産霊神(たかみむすびのかみ)」を祀っています。 御神体は、社殿の背後にそびえる円錐形の白雲峯(694m)。 この一帯は、古くは日本神話に登場する「高天原(神々が住んでいた土地)」と考えられていたほど、古い歴史があります。 高天ヶ原は、古事記が伝えるところによると、神代に天照大御神が統治していたところで、ここから瓊々杵尊が日向の高千穂の峰に降臨したとされています。 高天原を訪れた方が真っ先に向かうのがこの高天彦神社(たかまひこじんじゃ)だと言...  詳細ページへ

名称 高天彦神社(たかまひこじんじゃ)
祭神 高皇産霊神(たかみむすひのかみ)
市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)
菅原道真
神徳・ご利益 交通安全・勝負運・学業・五穀豊穣・無病息災
住所 御所市北窪158
奈良のパワースポット-葛城一言主神社-space

願いを一言だけ聞いてくれる神社

奈良のパワースポット-葛城一言主神社

葛城一言主神社(かつらぎひとことぬしじんじゃ)は奈良県御所市にある神社です。 願い事を一言、叶えてくれるという神社で、延喜式にも名神大社と記されている由緒ある神社。 記紀では、21代雄略天皇の前に、天皇と同じ姿で現れ、『私は善事も悪事も一言で言い放つ神だ』と言ったといいます。 葛城といえば、古墳時代には大王家と勢力を争うほどの力をもった葛城氏の本拠地です。 神社のあるあたりが、この一言主大神が現れた場所だといわれています。 さらに、綏靖天皇の皇居があったという伝承も残る、たいへん歴史の古い場所です。 「いちごんさん」として地元の人から親しまれています。 ...  詳細ページへ

名称 葛城一言主神社(かつらぎひとことぬしじんじゃ)
祭神 葛城之一言主大神 (かつらぎのひとことぬしのおおかみ)
幼武尊(雄略天皇) わかたけのみこと(ゆうりゃくてんのう)
神徳・ご利益 大願成就
住所 御所市大字森脇432
奈良のパワースポット-千手院銭亀堂-space

宝くじ当選に人気

奈良のパワースポット-千手院銭亀堂

信貴山千手院(せんじゅいん)は、奈良県生駒郡平群町にある信貴山真言宗の大本山です。 境内には十一面観音を本尊とする観音堂や金運招福の銭亀善神を祀っています。 この銭亀善神は、欲しいものが手に入らなくて苦しんでいる人を助ける神、 金運を運ぶ神、 として人気が高く、たくさんの方が願掛けに訪れる人気のパワースポットです。 お守りセットと財布や宝くじを石臼の上に載せて右に3回回すと、銭亀が財運を運んで来てくれるという言い伝えがあります。 なんと、参拝した翌日に1億6000万円が当たった、という人がいます。 千手院護摩堂は、約1千年前命蓮上人が開壇され、以来、毎朝護摩を焚...  詳細ページへ

名称 千手院銭亀堂(せんじゅいんぜにがめどう)
祭神 毘沙門天
神徳・ご利益 金運・ギャンブル・勝負運・安産・子授
住所 奈良県生駒郡平群町信貴山2280
奈良のパワースポット-大神神社-space

「神の宿る山」として崇められてきた聖地

奈良のパワースポット-大神神社

奈良盆地の東南部、三輪山のふもとに、大和国一の宮の大神神社があります。 大神神社のご神体は三輪山そのもの。 拝殿はあるものの本殿はないという珍しい神社です。 神武東征以前より纏向一帯に勢力を持った豪族の磯城彦が崇敬し、代々族長によって磐座祭祀が営まれた日本最古の神社の一つです。 皇室からの尊厳も篤く、外戚を結んだことから、日本有数の神聖な信仰の場でありました。 旧来は大神大物主神社と呼ばれていました。 神代の昔、大己貴神(おおなむちのみこと)が自らの魂を三輪山に鎮められ、大物主神の名で祀られたのが大神神社の創始です。 拝殿の奥は、もうそこは三輪山で、重...  詳細ページへ

名称 大神神社(おおみわじんじゃ)
祭神 大物主大神 (おおものぬしのおおかみ)
神徳・ご利益 五穀豊穣・無病息災・厄除け・酒造り・健康・仕事・商売繁盛・家内安全・縁結び
住所 奈良県桜井市三輪1422

滋賀のパワースポット

滋賀のパワースポット-馬神神社-space

競馬関係者の守り神

滋賀のパワースポット-馬神神社

馬神神社は、滋賀県の大津市にある長等神社の境内に存在する小さな神社です。 豊臣秀吉が信仰したとも伝えられています。 今から400年もの昔、江戸時代寛永年間に、諸国に馬の疫病が大流行し、馬を害する妖怪「馬魔(ぎば)」の仕業だとうわさが立ちました。 『水木しげるの日本妖怪紀行』では、旋風に囲まれ、馬魔に組み付かれると、馬は悲鳴を上げてばたりと倒れる、とされています。 この疫病を鎮めるために、馬神神社が建てられたのです。 そして、この妖怪「馬魔」の正体は、じつは妖怪でもなんでもなく、大津の貧しい馬の皮商いをしていた家の娘でした。 馬を襲って、父の家業である馬革商いを助けたいう伝説が、孝行...  詳細ページへ

名称 馬神神社(うまがみじんじゃ)
祭神 建速須佐之男大神 大山咋神
神徳・ご利益 ギャンブル・金運・勝負運・交通安全
住所 滋賀県大津市三井寺町4?1
滋賀のパワースポット-竹生島-space

1年間、自分の代わりに祈祷をしてくれます

滋賀のパワースポット-竹生島

琵琶湖八景のひとつに挙げられる小島。 周囲約2キロ能古島は、神々が住む島とも呼ばれていて、島全体がパワースポットになっています。 島にはいくつかの売店と宝厳寺と都久夫須麻神社(つくぶすまじんじゃ)などの社寺しかなく、島民はひとりもいません。 関係者や観光客はみんな船で渡ります。 港から宝厳寺まで165段の石段が続く。 宝厳寺の本尊は弁財天で、江ノ島、厳島とともに、三大弁財天のひとつです。 竹生島・宝厳寺 琵琶湖に浮かぶ島では二番目に大きい島が竹生島です。 西国三十三カ所観音霊場のひとつで第三十番礼所の宝厳寺を訪れる巡礼者はとても多い。 苔むした屋根に厳かな雰囲気が漂...  詳細ページへ

名称 竹生島(ちくぶしま)
祭神 弁財天
神徳・ご利益 縁結び・健康・仕事・商売繁盛・勝負運
住所 滋賀県長浜市早崎町竹生島

兵庫のパワースポット

兵庫のパワースポット-生田神社-space

都心にありながら清々しくも重厚な空気感が漂う

兵庫のパワースポット-生田神社

生田神社(いくたじんじゃ)は、兵庫県神戸市中央区下山手通一丁目にある神社です。 かつて、現在の神戸市中央区の一帯が生田神社の社領で、これが「神戸」という地名の語源となりました。 地元では「生田さん」として親しまれていて、初詣時期にはもちろん、それ以外の時期にも参拝客が絶えません。 古くは清少納言が歌に詠み、「日本書紀」には創建は西暦201年と記されているとても歴史のある古社です。 御祭神は稚日女尊(わかひるめのみこと)。 神名の「稚日女」は若く瑞々しい日の女神という意味であり、天照大神の別名が大日女であり、稚日女は天照大神自身のこととも和魂とも、幼名であるとも言わ...  詳細ページへ

名称 生田神社(いくたじんじゃ)
祭神
神徳・ご利益 縁結び・商売繁盛・健康長寿・勝負運
住所 兵庫県神戸市中央区下山手通1?2?1
兵庫のパワースポット-玄武洞-space

マグマのエネルギー

兵庫のパワースポット-玄武洞

玄武洞(げんぶどう)は、兵庫県豊岡市赤石の円山川東岸にある洞窟です。 玄武洞のほか、青龍洞、白虎洞、南朱雀洞、北朱雀洞の洞窟が玄武洞公園のなかにあります。 玄武洞は160万年前に起こった火山活動によって、山頂から流れ出したマグマが冷えて固まる時に規則正しいきれいな割れ目を作り出した物です。 6000年前、波に洗われて姿を現し、人が石を取ったために洞となったもので、数知れない六角形の玄武岩が積み上げられて不思議な美しさを見せています。 玄武洞は、その地質的な価値と自然のつくり出した美しい景観によって、早くから国の天然記念物に指定され、今は公園としてきれいに整備されています...  詳細ページへ

名称 玄武洞(げんぶどう)
祭神
神徳・ご利益 健康・仕事・勝負運
住所 兵庫県豊岡市赤石1362
兵庫のパワースポット-清荒神清澄寺-space

お賽銭を持って帰ってもいい神社

兵庫のパワースポット-清荒神清澄寺

清荒神清澄寺(きよしこうじん せいちょうじ)は、兵庫県宝塚市にある、1,100年以上もの歴史を誇る由緒ある真言三宝宗のお寺です。 896年(寛平8年)に宇多天皇の勅願寺として静観僧正により建てられました。 本尊は大日如来で、国の重要文化財に指定されています。 地元の人からは「荒神さん」と呼ばれ、家内安全、商売繁盛のご利益があります。 かまど神の一種として、ここで受け取ったお札を台所の神棚に祀るなどの信仰が根付いています。 門前の緩やかな坂道には、屋台を含め200近い店舗が軒を並べている門前町はとても賑やか、特に初詣のときのにぎわいは際立っていて、厳重な交通規制がか...  詳細ページへ

名称 清荒神清澄寺(きよしこうじんせいちょうじ)
祭神 大日如来
布袋尊
神徳・ご利益 家内安全・商売繁盛・勝負運・厄除け・金運・安産・子宝
住所 兵庫県宝塚市米谷清シ1
兵庫のパワースポット-岩上神社-space

神の降臨にふさわしい巨石

兵庫のパワースポット-岩上神社

岩上神社(岩神神社)は兵庫県淡路島にある、神籠石(ひもろぎいし)と呼ばれる高さ12mの巨石を御神体とする神社です。 淡路島を代表する巨石信仰の神社として、また淡路島屈指のパワースポットとして知られています。 神籠石は、高さ約12メートル、周囲約16メートル、鶏卵に似た形で、岩肌は滑らか、まさに神の降臨にふさわしい巨石です。 「ひもろぎのお岩さま」ともよばれる自然石です。 神社の創立は、1541年に領主柳沢隼人佐藤原直孝が、大和国石上神宮の分霊を迎え祭祀したのが始まりだといわれています。 本殿は、一間社隅木入春日造(いっけんしゃすみぎいりかすがづくり)、四手先詰組(...  詳細ページへ

名称 岩上神社(いわがみじんじゃ)
祭神 布都魂神(ふつのみたまのかみ)
神徳・ご利益 五穀豊穣・健康・無病息災
住所 兵庫県津名郡一宮町柳沢乙614
兵庫のパワースポット-岩戸神社-space

気の変化を感じてください

兵庫のパワースポット-岩戸神社

岩戸神社は兵庫県洲本市(淡路島)にある神社です。 岩戸神社は7世紀後半に役小角が開山し、伝染病の流行を抑えたという逸話も残り、信仰を集めました。 標高400mほどの、淡路富士とも呼ばれている先山の頂上付近に高さ8mの岩があり、そこに岩戸神社が祀られています。 鳥居はありますが社殿はなく、御祭神は天照大神(あまてらすおおみかみ)です。 境内は樹齢300年を越える檜や杉など巨木に囲まれ、静寂とともに神秘的な雰囲気に包まれています。 昭和40年頃にご神体の鏡は近くの安乎八幡神社に移されたそうです。 淡路島のパワースポットとしてとても有名な神社です。 ...  詳細ページへ

名称 岩戸神社(いわとじんじゃ)
祭神 天照大神(あまてらすおおみかみ)
イザナギ、イザナミ
神徳・ご利益 無病息災・健康回復
住所 洲本市上内膳2132-17
兵庫のパワースポット-伊弉諾神宮-space

陽の道しるべ

兵庫のパワースポット-伊弉諾神宮

伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)は、兵庫県淡路市多賀にある、伊弉諾(イザナギ)と伊弉冉(イザナミ)の二柱をお祀りする神社です。 古事記・日本書紀の神代巻に創祀の記載がある最古の神社で、淡路国一宮として古代から全国の掌敬を集めていました。 イザナギとイザナミはご夫婦の神様で、壮大な「愛の行為」によって、この日本列島をお生みになった尊い神様です。 最初は、うまくいかずに、醜い子どもを生んでしまったのですが、ようやく最初の立派な国をお生みになりました。 それが、淡路島だとされています。 その住居跡に最古の神社として創始されたのが、伊弉諾神宮の起源です。 江戸時代の地...  詳細ページへ

名称 伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)
祭神 伊弉諾尊 (いざなぎのみこと)
伊弉冉尊 (いざなみのみこと)
神徳・ご利益 大願成就・恋愛・安産・子宝・仕事・厄払い・仕事
住所 〒656-1521 兵庫県淡路市多賀740
兵庫のパワースポット-伊勢久留麻神社-space

西のお伊勢さん

兵庫のパワースポット-伊勢久留麻神社

伊勢久留麻神社は、兵庫県淡路市久留麻にある、別名「久留麻の明神さん」と呼ばれ、西のお伊勢さんとしても親しまれている神社です。 第30代敏達天皇(527~585年)の頃、伊勢の久留真神社を勧請して、大日?貴尊(おおひるめのむちのかみ)を祀っています。 現在地は、かつては入江だったと言われ、本来はここより西の山の端の大歳遺跡の付近に鎮座していたという説もあります。 毎年5月5日の例祭には、町内から集まった御輿が練り歩き、五穀豊穣、豊漁、子供の成長を祈ります。 伊勢久留麻神社は、昭和55年2月11日に、NHK特別番組で、『古(いにしえ)のロマン漂う神秘的な神社』として放送され...  詳細ページへ

名称 伊勢久留麻神社(いせくるまじんじゃ)
祭神 大日?貴尊(おおひるめのむちのかみ)
神徳・ご利益 五穀豊穣・無病息災
住所 兵庫県淡路市久留麻2033-2

和歌山のパワースポット

和歌山のパワースポット-飛瀧神社-space

落差日本一の滝

和歌山のパワースポット-飛瀧神社

飛瀧神社は、和歌山県の那智山にある那智滝を御神体にした神社です。 熊野那智大社の別宮で、那智山信仰が始まった頃には信仰の中心だった場所です。 那智滝自体が御神体ですので、本殿は存在しません。 拝殿もなく、直接滝を拝みます。 滝の飛沫に触れることによって、延命長寿の霊験があるという伝説があります。 那智の滝は、那智川にかかる一の滝で、落差133m。単独の滝では国内一位を誇ります。 背後の那智山の原生林には、いくつかの渓流があり60余りの滝がかかっています。 「那智滝」とは、本来、これら多く滝のうち瀧籠修行の行場として扱われた48の滝の総称でました。 ...  詳細ページへ

名称 飛瀧神社(ひろうじんじゃ)
祭神 大己貴命 (おおなむちのみこと)
神徳・ご利益 開運・商売繁盛・健康
住所 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山
和歌山のパワースポット-熊野速玉大社-space

圧倒的なご神木パワー

和歌山のパワースポット-熊野速玉大社

熊野速玉大社は、全国の「熊野神社」の総本宮、熊野三山の神社です。 熊野三山とは・・・ 熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ) 熊野速玉大社(くまのはやたまたいしゃ) 熊野那智大社(くまのなちたいしゃ) の3つの神社の総称です。 創建年代は不詳で、現在の社殿は明治16年9月に炎上し、その後再建されました。 世界遺産には、神社境内を中心に背後の「権現山(神倉山)」と、熊野川に浮かぶ「御船島」及び「御旅所」を含んで指定されています。 もともとは、速玉大社から南へ1~2km行った千穂ヶ峰の東南端の神倉山に祀られていたのですが、のちに現在地に遷されました。 ...  詳細ページへ

名称 熊野速玉大社(くまのはやたまたいしゃ)
祭神 熊野速玉大神(くまのはやたまのおおかみ)
熊野夫須美大神(くまのふすみのおおかみ)
神徳・ご利益 縁結び・海上安全・健康・諸願成就
住所 和歌山県新宮市新宮1
和歌山のパワースポット-熊野本宮大社-space

熊野の神と言えば『熊野坐神社』のこと

和歌山のパワースポット-熊野本宮大社

熊野本宮大社は、全国の「熊野神社」の総本宮、熊野三山の神社です。 熊野三山とは・・・ 熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ) 熊野速玉大社(くまのはやたまたいしゃ) 熊野那智大社(くまのなちたいしゃ) の3つの神社の総称です。 三山の中でもとりわけ古式ゆかしい雰囲気を漂わせるのが、聖地熊野本宮大社です。 熊野は古くから人々の熱い信仰に支えられた聖地であり、『伊勢へ七度、熊野へ三度』とさえ言われていました。 創建年代は不詳ですが、本宮の地に神が祀られたのは、今からおよそ2000年前の第10代崇神天皇の世といわれています。 3社は個別の自然崇拝に起源を...  詳細ページへ

名称 熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)
祭神 家都美御子大神(けつみみこのおおかみ)
神徳・ご利益 大願成就・交通安全・無病息災・商売繁盛
住所 和歌山県田辺市本宮町本宮1110
和歌山のパワースポット-野中の清水-space

熊野古道の修行僧が喉を潤した場所

和歌山のパワースポット-野中の清水

野中の清水(のなかのしみず)は、継桜(つぎざくら)王子の真下、旧国道沿いに涌き出ている清水です。 日本名水百選のひとつにも選ばれています。 野中坂巻山の中腹は、水に不便なところであるのですが、昔からここだけは、どんな日照りにも水が涸れることなく水が湧き出していました。 清水は道下の養命寺の近くを流れ、野中川に注がれています。 現在も簡易水道の水源として、 地元の人たちの貴重な飲料水・生活用水として使われています。 比曽原王子から曲がりくねった国道をたどると、旧道と新道の分岐に出ます。 下方の国道への坂を背に、上方の旧道を進み、道沿い左側に大きな森と鳥居が見え...  詳細ページへ

名称 野中の清水(のなかのしみず)
祭神 水の神さま
神徳・ご利益 五穀豊穣・無病息災・健康
住所 和歌山県田辺市中辺路町野中
和歌山のパワースポット-丹生神社-space

笑う門には福来る

和歌山のパワースポット-丹生神社

丹生神社は、和歌山県日高郡日高川にある、『笑い祭』で有名な神社です。 神社の起源は、明治39年に全国に「神社合祀令」が出され、それまで丹生村(和佐・江川・山野・松瀬)にあった神社がすべて統合され、現在の丹生神社となりました。 丹生神社でもっとも有名な『笑い祭』は、毎年10月の第2日曜日に行われます。 この『笑い祭』は、江戸時代からずっと伝承されている、歴史あるお祭りなのです。 『笑い祭』が行われる言い伝えは・・・ 昔、丹生神社の主祭神である丹生都姫命(にうつひめのみこと)が、神無月(10月)に行われる出雲大社での、大事な大事な神様の会議に初めて出席することになった...  詳細ページへ

名称 丹生神社(にうじんじゃ)
祭神 丹生都姫命(にうつひめのみこと)
神徳・ご利益 仕事・健康・家内安全・大願成就
住所 和歌山県日高郡日高川町江川1956
和歌山のパワースポット-淡嶋神社-space

人形供養と女性の体の悩みを解決

和歌山のパワースポット-淡嶋神社

淡嶋神社(あわしまじんじゃ)は和歌山県和歌山市加太にある、人形供養で知られている神社です。 全国にある淡島(嶋)神社・粟島神社・淡路神社の総本社でもあります。 本殿にはところ狭しと日本人形や招き猫、ぬいぐるみ、だるまなどありとあらゆる人形が並べられています。 日本の神社のなかでも異質な雰囲気があります。 髪の毛が伸びる人形が淡嶋神社にある、ともいわれ、じつは神社もその人形の存在を認めています。 けれど、悪意を持った現象ではなく、悪いことをする人形は「まずない」とのことです。 また、とくに面白いのは、子授け祈願に自分のパンティを奉納するという風習です。 ...  詳細ページへ

名称 淡嶋神社(あわしまじんじゃ)
祭神 少彦名命(すくなひこなのみこと)
大己貴命(おほなむじのみこと)
息長足姫命(おきながたらしひめのみこと)
神徳・ご利益 安産・子宝・婦人病・性病・人形供養・交通安全・学業・大願成就
住所 和歌山県和歌山市加太118

三重のパワースポット

三重のパワースポット-伊勢神宮-space

すべての神社の中心・日本一のパワースポット

三重のパワースポット-伊勢神宮

伊勢神宮は、伊勢志摩をはじめ4市2郡に点在する125社の神社の総称です。 正式にはただ「神宮」とだけ言います。 天照大御神を祀る皇大神宮(内宮)と、豊受大神宮(外宮)及び別宮などの神社を総称したのが、『伊勢神宮』です。 内宮と外宮の両正宮を中心に、14カ所の別宮があり、そのほか109カ所の小さな摂社、末社、所管社から成り立っています。 昔から、「一生に一度はお伊勢さん」といわれて日本中の人から厚く信仰されてきました。 日本の神社の中でも特別な存在で、日本一のパワースポットだと言われています。 まずは外宮から参拝するという習わしが古くから正式とされています。 ...  詳細ページへ

名称 伊勢神宮(いせじんぐう)
祭神 豊受大御神(とようけおおみかみ)
天照大御神(あまてらすおおみかみ)
神徳・ご利益 家内安全・ 夫婦円満・ 子孫繁栄・ 産業発展・子宝・五穀豊穣
住所 三重県伊勢市宇治館町1
三重のパワースポット-伊雑宮-space

真の伊勢神宮は伊雑宮と信じる人も・・・

三重のパワースポット-伊雑宮

伊雑宮は、皇大神宮(伊勢神宮内宮)の別宮の一社です。 10社ある内宮別宮の中で荒祭宮、月讀宮、瀧原宮に次ぐ順位とされています。 一般には「イゾウグウ」ともよばれ、古くから皇大神宮の遙宮(とおのみや)と称される、志摩国一の宮。 古来より神事も伊勢神宮に準じて行われ、滝原宮と共に元伊勢を称しています。 正殿の建築様式は伊勢神宮と同じ神明造。 地元では磯部の大神宮さんと呼ばれて昔から漁師や海女の崇敬があつく深く信仰されています。 白真名鶴(しろまなづる)の伝説がその起源と伝えられる伊雑宮御田植祭(いざわのみやおたうえまつり)が全国的に有名です。 千葉の香...  詳細ページへ

名称 伊雑宮(いざわのみや)
祭神 天照大御神御魂 (あまてらすおおみかみのみたま)
神徳・ご利益 大漁・豊作・商売繁盛
住所 三重県志摩市 磯部町上之郷374
三重のパワースポット-多賀宮-space

外宮の第一別宮

三重のパワースポット-多賀宮

多賀宮(たかのみや)は三重県伊勢市豊川町にある外宮(豊受大神宮)の境内別宮です。 豊受大御神の荒御魂を祀っています。 多賀宮は檜尾山(ひのきおやま)にあり、正宮に次ぎ尊い宮とされています。 山頂にあるので高宮(たかのみや)であったが、縁起のよい字を当て多賀宮(たかのみや)になったと考えられています。 恐らくは小高い丘の上にご鎮座になっていることからそう呼ばれたのでしょう。 由緒は正確にはわかっていませんが、雄略天皇22年(478年)の外宮創祀と同時に創建されたと伝えられています。 豊受大神宮の別宮には多賀宮、土宮、月夜見宮、風宮の4宮がありますが、多...  詳細ページへ

名称 多賀宮(たかのみや)
祭神 豊受大御神荒魂(とようけのおおみかみのあらみたま)
神徳・ご利益 五穀豊穣・商売繁盛
住所 三重県伊勢市宇治館町1
三重のパワースポット-天の岩戸-space

三重の天の岩戸伝説

三重のパワースポット-天の岩戸

天の岩戸は、日本神話に登場する岩の洞窟です。 天照大神(あまてらすおおみかみ)は須佐之男尊(すさのおのみこと)の悪事に怒り、それを戒めるために天の岩戸の中に隠れてしまい、世の中は闇に包まれてしまいました。 神々は天照大神に出てきてもらおうと、岩戸の前で様々な儀式をします。 そのなかで、天宇受売命(あめのうずめのみこと)が滑稽に踊り踊ったことで神々が大笑いをし、それに誘われて天照大神が岩戸を開け、この世界に戻ってきて、世の中に光が戻ったというお話です。 その神話に登場する天の岩戸だと言われている洞窟が、全国にも何カ所かあるのですが、三重県にも残っているんです。 ここ...  詳細ページへ

名称 天の岩戸(あまのいわと)
祭神
神徳・ご利益 健康・美容・仕事・勝負運・大願成就・無病息災
住所 三重県志摩市磯部町恵利原2
三重のパワースポット-二見興玉神社-space

男岩に女岩が寄り添う夫婦岩

三重のパワースポット-二見興玉神社

二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)は、三重県伊勢市二見町江にある、境内の磯にある夫婦岩(めおといわ)で有名な神社です。 伊勢神宮への正しい参拝ルートはこの二見興玉神社に参ったあと、外宮、内宮へ回るのが正式なお伊勢参りだと言われています。 正面に見える夫婦岩は、夫婦岩の沖合700mの海中に鎮まるご神体「興玉神石(おきたましんせき)」と、日の大神を拝するための鳥居とと伝えられ、古くから多くの人々が訪れてます。 大きい岩を男岩、小さい岩を女岩と称し、二つの岩を結ぶ大注連縄(おおしめなわ)は「結界の縄」と呼ばれれています。 夏至の日には、この夫婦岩の真ん中からご来光が見ら...  詳細ページへ

名称 二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)
祭神 猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)
宇迦御魂大神(うがのみたまのおおかみ)
綿津見大神(わたつみのおおかみ)
神徳・ご利益 大願成就・家内安全・交通安全・夫婦和合・縁結び
住所 三重県伊勢市二見町江575
三重のパワースポット-神明神社-space

女性の願いを一つだけ叶えてくれる石神さん

三重のパワースポット-神明神社

神明神社は、三重県鳥羽市にある、女性の願いだったらどんな願い事でも一個だけ叶えてくれると言われている神社です。 御祭神は神武天皇の母であり、海神さまの娘である玉依姫命。1888年から祀られています。 境内に、地元の人から「石神さん」と親しまれている女神さまの小さな末社があります。 伊勢志摩は海女さんで有名ですが、海女さんが海に潜る前にこちらの神社でお参りをしてから海に向かっていたことから、女性の守り神と言われるようになりました。 アテネオリンピックの女性マラソンで金メダルに輝いた野口みずき選手がアテネに旅立つ前に、『金メダルだけがほしい』とお願いしたことから有名...  詳細ページへ

名称 神明神社(じんめいじんじゃ)
祭神 玉依姫命(たまよりひめのみこと)
神徳・ご利益 子宝・安産・豊作豊漁・商売繁盛・開運
住所 三重県鳥羽市 相差町1385
三重のパワースポット-猿田彦神社-space

天孫降臨の際に道開きをされた大神

三重のパワースポット-猿田彦神社

猿田彦神社(さるたひこじんじゃ)は、三重県伊勢市の伊勢神宮内宮の近くにある、猿田彦大神と、その子孫の大田命を祭神とする神社です。 猿田彦大神は、「みちひらき」の神様と言われ、神話内で「天孫降臨の際に、瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)を案内した」ということから、交通安全・方位除けの神社として信仰されています。 「みちひらき」とは、何か物事を始めようとした時に、全てを最も良い方向に導いてくれることです。 方位除けの総社ということもあって、鳥居や手水舎など境内のいたるところに方位を意味する八角形の柱が立っています。 今後の方向性に迷った方にはぜひ参拝してほしいと思います。 ま...  詳細ページへ

名称 猿田彦神社(さるたひこじんじゃ)
祭神 猿田彦大神(さるたひこおおかみ)
大田命(おおたのみこと)
天宇受売命(あめのうずめのみこと)
神徳・ご利益 交通安全・芸能・子宝・安産・方位・みちひらき
住所 三重県伊勢市宇治浦田2丁目1-1
【スポンサーリンク】

▲ページトップに戻る


PAGE TOP