Top > 京都のパワースポット > 御髪神社

御髪神社

京都パワースポット御髪神社は、京都市右京区嵯峨にある、日本で唯一の頭と髪にまつわる神社です。

御髪神社は日本で唯一の髪の神社で、日本最初の髪結いとされる実在の人物、藤原采女亮政之(ふじわらうねめのすけまさゆき)を奉っています。

京都市の理美容業界関係者らによって髪の健康を祈願し、1961(昭和36)年に創建されました。

そのため理容美容業者から厚い信仰をうけ、業界の関係者が数多く訪れます。

京都パワースポット
ご利益を求めて、髪の毛を増やしたい男の参拝も多く、絵馬には切実な悩みが書かれ奉納されています。

余談ですが、こちらの宮司さんは80歳くらいですが、フサフサの髪の毛をしています。

藤原采女亮政之公には、以下のような史実が残されています。
==============================
亀山天皇(1259~1274年)の御代、皇居の宝物護衛にあたっていた政之の父・基晴(もとはる)が、お預かりしていた宝刀「九王丸」を失くしました。
責任を感じた父は、宝刀を探すために諸国行脚の旅に出ます。
そのお供に三男の政之を連れて行きました。
当時日本は蒙古(もうこ)軍の襲来に備えて、下関に大勢の武士を配置していました。
失った宝刀が見つかるかもしれないと思い、親子はこの地に居を構えます。
政之が生計を立てるためにそこではじめたのが、「髪結い」でした。
これが日本最初の理容業だといわれています。
政之の髪結いは評判が良く、下関では髪結所を設けるほどの腕前でした。
その腕前の良さは幕府にも伝わり、父の死後、鎌倉に移り住み、1335年に亡くなるまで幕府御用達の髪結師となってたいへん重用されたといわれています。
==============================

京都パワースポット

大きな池の横に御髪神社があります。

京都パワースポット

願いごとをしながら切った髪の毛を献納すると願いが叶うと言われています。
献納された髪の毛は神官によって祈拝が行われたあと、髪塚で供養されます。

京都パワースポット
絵馬には、「髪の毛が生えてきますように」「髪の病気が治りますように」「毛生え薬が発明されますように」「理容師・美容師になれますように」「お店(理美容店)の経営がうまくいきますように」などの願い事が刻まれています。
最近では、頭にもご利益があると言われ、合格祈願のお願いに受験生も多く訪れます。


パワースポット-ライン
名称 御髪神社(みかみじんじゃ)
祭神 藤原采女亮政之(ふじわらうねめのすけまさゆき)
神徳・ご利益 健康・恋愛・美容・仕事・合格祈願
住所 京都府京都市右京区嵯峨小倉山田淵山町10-2
電話番号 075-882-9771
備考
アクセス JR山陰本線・嵯峨嵐山駅下車、徒歩約15分。
嵯峨観光鉄道・トロッコ嵐山駅前。
【スポンサーリンク】

▲ページトップに戻る


口コミを書く

メールアドレスやIPアドレスが公開されることはありません。お気軽に投稿してください。

管理人が「やらせの口コミ」「宣伝目的の口コミ」「誹謗中傷目的の口コミ」などを精査のうえ掲載しますので、2~3日後に掲載となります。
確認画面は出ませんので、送信前にもう一度内容をお確かめください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

【御髪神社】の1件の口コミ

  1. 管理人 さんの口コミ

    現在、口コミや感想はありません。
    実際に行かれた方の真実の口コミ投稿をお待ちしています。

ページの先頭へ

PAGE TOP