Top > 京都のパワースポット > 白峯神宮

白峯神宮

京都パワースポット白峯神宮(しらみねじんぐう)は、京都府京都市上京区にある神社です。

サッカー・野球・バスケットボール・バレーボールなどの球技の神様と言われている「白峯神宮」です。

修学旅行生を中心に抜群の人気があります。

白峯神宮は、もともとは、蹴鞠や和歌を教えることを家業としていた公家・飛鳥井(あすかい)家の屋敷の跡に建てられました。

本殿では、和歌でも有名な崇徳(すとく)天皇と、日本書紀を編集した舎人(とねり)親王の皇子である淳仁(じゅんにん)天皇の御霊が御祭神として祀られています。

崇徳天皇は、平安時代末期、保元の乱で讃岐に流されて亡くなった天皇です。

淳仁天皇とは、奈良時代に恵美押勝の乱のあと廃位されて淡路島に流されて亡くなった天皇です。

幕末に孝明天皇が崇徳天皇を再び讃岐の白峯陵から都に招魂して平安を得ようと発願したのがきっかけとなって、1868(明治元)年、明治天皇の時代になって創建された神社です。

いわば悲憤のうちに亡くなったふたりの天皇の魂を慰める神社と言えます。

京都パワースポット
平安時代にこの社をお参りした藤原成道がその後蹴鞠の名手として有名になったことから、人々が蹴鞠上達を願ってここにお参りに来るようになったそうです。

境内には蹴庭と呼ばれる場所があり、そこでは毎年4月14日と7月7日に奉納蹴鞠が行われ、平安時代の服装に身を包んだ人たちの蹴鞠を見ることができます。

京都パワースポット
本殿には、崇徳天皇 と淳仁天皇が祀られています。

京都パワースポット
地主社(じしゅしゃ)には、、球技・スポーツ芸能上達の神、精大明神(せいだいみょうじん)が祀られています。

京都パワースポット
この「蹴鞠の碑」の碑の丸いところ、「撫で鞠」を自分の手で一周回すとスポーツが上達すると言われています。

京都パワースポット
サッカーの守護神としてサッカー関係者からとても人気のある神社です。
各球技の日本代表やプロの選手やJリーガーなどからボールなどが奉納されています。


パワースポット-ライン
名称 白峯神宮(しらみねじんぐう)
祭神 崇徳(すとく)天皇
淳仁(じゅんにん)天皇
神徳・ご利益 球技・スポーツ芸能上達・学業・厄除け・無病息災
住所 京都府京都市上京区今出川堀川東入飛鳥井261
電話番号 075-441-3810
備考
アクセス 京都駅から市バス9系統二条城・西賀茂車庫行き、または市バス101系統二条城・北野天満宮・金閣寺行きに乗り、「堀川今出川」下車、徒歩すぐ。
四条河原町から市バス51系統立命館大学行き、または12系統金閣寺立命館大学前行きに乗り、「堀川今出川」下車、徒歩すぐ。
【スポンサーリンク】

▲ページトップに戻る


口コミを書く

メールアドレスやIPアドレスが公開されることはありません。お気軽に投稿してください。

管理人が「やらせの口コミ」「宣伝目的の口コミ」「誹謗中傷目的の口コミ」などを精査のうえ掲載しますので、2~3日後に掲載となります。
確認画面は出ませんので、送信前にもう一度内容をお確かめください。

ページの先頭へ

PAGE TOP