Top > 奈良のパワースポット > 葛城一言主神社

葛城一言主神社

奈良パワースポット葛城一言主神社(かつらぎひとことぬしじんじゃ)は奈良県御所市にある神社です。

願い事を一言、叶えてくれるという神社で、延喜式にも名神大社と記されている由緒ある神社。

記紀では、21代雄略天皇の前に、天皇と同じ姿で現れ、『私は善事も悪事も一言で言い放つ神だ』と言ったといいます。

葛城といえば、古墳時代には大王家と勢力を争うほどの力をもった葛城氏の本拠地です。

神社のあるあたりが、この一言主大神が現れた場所だといわれています。

さらに、綏靖天皇の皇居があったという伝承も残る、たいへん歴史の古い場所です。

「いちごんさん」として地元の人から親しまれています。

しかし、続日本書紀によれば雄略天皇と狩りの事でいさかいを起こし、四国の土佐に流されたという話もあります。

土佐風土記によれば、その後許されて葛城の高宮付近に祀られたと記されています。

伊勢神宮パワースポット
また、今昔物語に登場する一言主神は顔が醜くかったと伝えられています。

葛城の怪人と言われた役行者は、修行のため、葛城山と吉野の金峯山の間に岩橋を架けるため、諸神を集めて、架橋工事をさせました。

ですが、一言主神は顔が醜かったため、昼は働かず夜しか働けず、石橋は完成しませんでした。

役行者は怒って、近くの小川のそばの大木に一言主大神を縛り付けてしまったという話が記されています。

また本社境内には、神武天皇紀に記述がある土蜘蛛に関係しているとされてる蜘蛛塚があります。

また、御神木である乳銀杏は、樹齢1200年というイチョウの古木で、本殿の南側にありますので、ぜひごあいさつしておきましょう。

一言主大神は言霊を司る神であり、それは自分が言葉にして誓った願いを成就させてくれることにつながります。

現実世界は言葉によって人々の意識に形作られています。

自分の発する言葉や心に思う言葉を常に大切にしていくのは、たった一言のエネルギーが世界を見えないところで変化させる力があるためです。

つまり、ささいな言葉であっても自分を律することは、よりよい人生や願望の実現のためにも不可欠になります。

最近、いろんなことがうまくいかない、といったひとにこの一言主大神のサポートが将来を左右するような大事な決定をしてくださるでしょう。

物事がうまくいかないのは、言葉だけに囚われていて物事の本質を見誤っているからかもしれません。

もしくは、自分の利益だけを考えてしまって表面的な言葉に騙されているのかもしれません。

奈良パワースポット

田園風景のなか、鳥居が立っています。

奈良パワースポット

参道の向こうの石段を上ると境内です。

奈良パワースポット

大きくもなく、派手でもありません。
静かに鎮座されています。

奈良パワースポット

樹齢1200年のご神木「乳銀杏」。
押し潰されるような、ものすごい迫力です。


パワースポット-ライン
名称 葛城一言主神社(かつらぎひとことぬしじんじゃ)
祭神 葛城之一言主大神 (かつらぎのひとことぬしのおおかみ)
幼武尊(雄略天皇) わかたけのみこと(ゆうりゃくてんのう)
神徳・ご利益 大願成就
住所 御所市大字森脇432
電話番号 0745-66-0178
備考 普通車50台(無料)
アクセス 近鉄御所駅から市コミニュティバス(西コース内回り循環)「森脇」下車すぐ
近鉄御所駅から五條バスセンター行きバス「宮戸橋」下車、徒歩約30分
JR・近鉄御所駅から徒歩約50分、タクシー約10分
【スポンサーリンク】

▲ページトップに戻る


口コミを書く

メールアドレスやIPアドレスが公開されることはありません。お気軽に投稿してください。

管理人が「やらせの口コミ」「宣伝目的の口コミ」「誹謗中傷目的の口コミ」などを精査のうえ掲載しますので、2~3日後に掲載となります。
確認画面は出ませんので、送信前にもう一度内容をお確かめください。

【葛城一言主神社】の1件の口コミ

  1. 管理人 さんの口コミ

    現在、口コミや感想はありません。
    実際に行かれた方の真実の口コミ投稿をお待ちしています。

ページの先頭へ

PAGE TOP