Top > 京都のパワースポット > 飛行神社

飛行神社

京都パワースポット飛行神社は、飛行原理を発見した二宮忠八翁が、飛行機事故殉難者の御霊をお祭りするために、京都府八幡市の自宅地内に創設した神社です。

以後、遺志遺徳を引継ぎ、広く航空業界の安全と発展を願っています。

二宮忠八(1866-1915) は、わが国で初めて、飛行機を発明した人です。

彼は明治24年「カラス型飛行器」というゴム動力によるプロペラ式の模型飛行機を発明しました。

プロペラ式の模型飛行機としては世界初でした。

彼はさらに工夫を重ねて、人を乗せて飛べる「玉虫型飛行器」の模型を完成させたのですが、どうしても動力部分は個人の努力と資金だけでは限界がありました。

そこで彼は、陸軍の上層部に設計図をそえて飛行機研究の採用を求めました。

すると、陸軍からの答えは・・・

『そんなものは夢物語である』と一蹴されたのでした。

この時彼が設計したものは、後のライト兄弟のものより構造上優れた面もあるといわれています。 16年も前だったのに・・・

諦めきれない忠八は、独力で友人飛行機を完成させることを決意します。

大阪の製薬会社に入社し、薬品の改良研究で業績をあげ資金を用意したのでした。

そして彼の故郷、愛媛県八幡浜と同じ地名の八幡の地で飛行機研究に打ち込みました。

しかし明治36年、世界初の有人飛行実験の成功はライト兄弟によって先を越されてしまいました。

忠八の設計図は16年も前にすでに完成していたのに・・・

それ以後、彼は飛行機制作を断念しましたが、飛行機墜落の事故を聞く度に犠牲者の死を悲しみ、航空事故の防止・犠牲者の冥福を祈るため、私財を投じて飛行神社を建設したのです。

それが日本初の航空関係神社「飛行神社」です。

京都パワースポット
飛行神社というくらいですから、鳥居は航空機の資材に使用されるジュラルミンで作られています。

何故か拝殿はギリシャ風で、入り口には飛行機のエンジンや戦争のときに墜落した飛行機の部品が展示されています。

飛行機旅行者や航空関係者以外に、『飛行機=落ちない』ということから、受験生もよく参拝に来ます。

京都パワースポット

日本で唯一。
ギリシャ建築の神殿です。

京都パワースポット

カラス型飛行機の模型。
飛行機好きにはたまらないそうです。

京都パワースポット

ギリシャ建築と日本の神殿が融合していますね。
なんだか楽しくなってきます。

京都パワースポット

資料館には忠八が考案した数々の模型飛行機が展示されています。


パワースポット-ライン
名称 飛行神社(ひこうじんじゃ)
祭神 饒速日命(にぎはやひのみこと)
航空殉難者の霊
神徳・ご利益 交通安全・家内安全・仕事・健康
住所 京都府八幡市八幡土井44
電話番号 075-982-2329
備考
アクセス 京阪本線・八幡駅から徒歩5分
【スポンサーリンク】

▲ページトップに戻る


口コミを書く

メールアドレスやIPアドレスが公開されることはありません。お気軽に投稿してください。

管理人が「やらせの口コミ」「宣伝目的の口コミ」「誹謗中傷目的の口コミ」などを精査のうえ掲載しますので、2~3日後に掲載となります。
確認画面は出ませんので、送信前にもう一度内容をお確かめください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

【飛行神社】の1件の口コミ

  1. 管理人 さんの口コミ

    現在、口コミや感想はありません。
    実際に行かれた方の真実の口コミ投稿をお待ちしています。

ページの先頭へ

PAGE TOP