Top > 和歌山のパワースポット > 熊野本宮大社

熊野本宮大社

和歌山パワースポット熊野本宮大社は、全国の「熊野神社」の総本宮、熊野三山の神社です。

熊野三山とは・・・

熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)
熊野速玉大社(くまのはやたまたいしゃ)
熊野那智大社(くまのなちたいしゃ)

の3つの神社の総称です。

三山の中でもとりわけ古式ゆかしい雰囲気を漂わせるのが、聖地熊野本宮大社です。

熊野は古くから人々の熱い信仰に支えられた聖地であり、『伊勢へ七度、熊野へ三度』とさえ言われていました。

創建年代は不詳ですが、本宮の地に神が祀られたのは、今からおよそ2000年前の第10代崇神天皇の世といわれています。

3社は個別の自然崇拝に起源を持ちますが、3社の主祭神を相互に勧請し「熊野三所権現」として信仰されるようになりました。

和歌山パワースポット
社殿は、かつては、熊野川・音無川・岩田川の合流点にある「大斎原(おおゆのはら)」と呼ばれる中洲にありました。

けれど、明治22年の洪水で多くが流出し、流出を免れた社を現在の場所に移築したのです。

また、神仏習合により阿弥陀如来を本地とされ、本宮は阿弥陀の極楽浄土とみなされました。

その社殿は「証誠殿(念仏者の極楽往生を証明する社殿の意)」と呼ばれ、そこに参詣すれば浄土往生が確実になるとされ、平安後期以降、浄土教の聖地として栄えました。

和歌山パワースポット

鳥居の前に立つと、まず、大きな八咫烏(やたがらす)の幟が目を引きます。
八咫烏は熊野権現の使い。
三本足の烏です。
日本サッカー協会のシンボルマークでお馴染みですね。

和歌山パワースポット

鳥居をくぐり、杉木立のなかの石段へ。
本殿へと続く158段の石段の両脇には幟がなびき、生い茂る杉木立が悠久の歴史を感じさせます。
石段の両脇には「熊野大権現」と書かれた奉納幟が立ちならんでいます。

和歌山パワースポット

158段の石段を登りきると、正面に神門があり、向かって左手のほうには真新しい礼殿(拝殿)が見えます。
熊野本宮大社には、上、中、下、合計12の社殿があります。


パワースポット-ライン
名称 熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)
祭神 家都美御子大神(けつみみこのおおかみ)
神徳・ご利益 大願成就・交通安全・無病息災・商売繁盛
住所 和歌山県田辺市本宮町本宮1110
電話番号 0735-42-0009
備考
アクセス 紀伊田辺駅より路線バス、本宮大社前
【スポンサーリンク】

▲ページトップに戻る


口コミを書く

メールアドレスやIPアドレスが公開されることはありません。お気軽に投稿してください。

管理人が「やらせの口コミ」「宣伝目的の口コミ」「誹謗中傷目的の口コミ」などを精査のうえ掲載しますので、2~3日後に掲載となります。
確認画面は出ませんので、送信前にもう一度内容をお確かめください。

【熊野本宮大社】の1件の口コミ

  1. 管理人 さんの口コミ

    現在、口コミや感想はありません。
    実際に行かれた方の真実の口コミ投稿をお待ちしています。

ページの先頭へ

PAGE TOP