Top > 京都のパワースポット > 紫式部の墓

紫式部の墓

京都パワースポット京都市北区北大路通南、堀川通西に、ひっそりと『源氏物語』で知られる女流作家の紫式部のお墓があります。

そしてその横に並んでいるのが、平安時代に活躍した詩人で学者だった小野篁(おののたかむら)のお墓。

小野篁は遣隋使「小野妹子」の子孫で、小野道風・小野小町の祖父とされる人物です。

小野篁は、あの世で地獄へと送り込まれる立場の人たちを弁護をしていた人です。

昼間は内裏に勤める役人でありながら、夜は井戸を通って地獄に降り、閻魔大王のもとで裁判の補佐役を務めていたという、奇怪な伝説の持ち主。

京都パワースポット
この共通項の見当たらない二人が並んで眠っていること自体、ずいぶん奇妙な取り合せだと思うのですが、小野篁が創建した「千本えんま堂」には紫式部の供養塔があり、二人の間には何か不思議な関係があったのかも知れません。

紫式部は言わずと知れた源氏物語の作者であり、日本でもっとも有名な女性作家です。

文芸を極めたい方、足を運んでみましょう。

京都パワースポット

工場の一角にあるので通り過ぎてしまいそうな入口です。
目立たない小さな墓地ですが参拝客は多いです。

京都パワースポット

左側が紫式部のお墓。
ユネスコが選んだ「世界の偉人」の一人として、その名は今や世界的に有名です。
余談ですが・・・
恋愛作家として超有名な彼女。
どんな人と結婚したのかと言うと・・・
なんとお父さんの友達、藤原宣孝(ふじわらののぶたか)という人と結婚したんです。
年の差はなんと20歳。
幸せな結婚生活が続くと思いきや・・・
5年で、夫である藤原宣孝が病死してしまいます。
夫を失った後、彼女は失意のなか、源氏物語の執筆を始めたのです。

京都パワースポット

右側が小野篁のお墓。
縁もゆかりもなさそうな二人のお墓が並んでいるのは、ちょっとしたミステリーのようです。


パワースポット-ライン
名称 紫式部のお墓
祭神
神徳・ご利益 学業・仕事
住所 京都府京都市北区紫野西御所田町
電話番号
備考
アクセス 地下鉄烏丸線北大路駅から徒歩20分
【スポンサーリンク】

▲ページトップに戻る


口コミを書く

メールアドレスやIPアドレスが公開されることはありません。お気軽に投稿してください。

管理人が「やらせの口コミ」「宣伝目的の口コミ」「誹謗中傷目的の口コミ」などを精査のうえ掲載しますので、2~3日後に掲載となります。
確認画面は出ませんので、送信前にもう一度内容をお確かめください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

【紫式部の墓】の1件の口コミ

  1. 管理人 さんの口コミ

    現在、口コミや感想はありません。
    実際に行かれた方の真実の口コミ投稿をお待ちしています。

ページの先頭へ

PAGE TOP