Top > 和歌山のパワースポット > 野中の清水

野中の清水

和歌山パワースポット野中の清水(のなかのしみず)は、継桜(つぎざくら)王子の真下、旧国道沿いに涌き出ている清水です。

日本名水百選のひとつにも選ばれています。

野中坂巻山の中腹は、水に不便なところであるのですが、昔からここだけは、どんな日照りにも水が涸れることなく水が湧き出していました。

清水は道下の養命寺の近くを流れ、野中川に注がれています。

和歌山パワースポット
現在も簡易水道の水源として、 地元の人たちの貴重な飲料水・生活用水として使われています。

比曽原王子から曲がりくねった国道をたどると、旧道と新道の分岐に出ます。

下方の国道への坂を背に、上方の旧道を進み、道沿い左側に大きな森と鳥居が見えてきます。ここが継桜王子です。

和歌山パワースポット

野中の清水は、古の時代から、熊野詣の旅人の給水ポイントとなっていました。

和歌山パワースポット

ここを訪れた旅人の多くが、湧水との縁を歌枕に数々の歌や句を残しています。
松尾芭蕉の門人、服部嵐雪(はっとりらんせつ)が、宝永2年(1705)に仲間7人とともに伊勢と熊野を詣でたあと、田辺方面に向かって歩いていく途中、ここに立ち寄って句を詠みました。
「すみかねて道まで出るか山清水」

和歌山パワースポット

歌人 斎藤茂吉もこの清水に魅了され、昭和9年にこの歌を詠んでいます。
「いにしへのすめらみかども中辺路を 越えたまひたりのころう真清水」

和歌山パワースポット

また、野中の一方杉(のなかのいっぽうすぎ)と呼ばれる、国史跡、県指定天然記念物の、樹齢800年の杉の巨木群が立っています。
老木の空洞は、優に20人の大人が入れるほどの広さがあり、10本近くあるうちの最大のものは幹の周りがおよそ8mもあります。
みな同じように、すべての枝が南の方角、すなわち那智山の方角を指しているといわれ、熊野那智大社を慕うように枝を伸ばしています。
この不思議な現象は、生物の生態を知る上でも貴重なものと言われています。


パワースポット-ライン
名称 野中の清水(のなかのしみず)
祭神 水の神さま
神徳・ご利益 五穀豊穣・無病息災・健康
住所 和歌山県田辺市中辺路町野中
電話番号
備考
アクセス ■ JR紀勢本線「紀伊田辺駅」下車⇒JRバス栗栖川行き「栗栖川」乗換⇒龍神バス熊野本宮線「野中の清水」下車
【スポンサーリンク】

▲ページトップに戻る


口コミを書く

メールアドレスやIPアドレスが公開されることはありません。お気軽に投稿してください。

管理人が「やらせの口コミ」「宣伝目的の口コミ」「誹謗中傷目的の口コミ」などを精査のうえ掲載しますので、2~3日後に掲載となります。
確認画面は出ませんので、送信前にもう一度内容をお確かめください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

【野中の清水】の1件の口コミ

  1. 管理人 さんの口コミ

    現在、口コミや感想はありません。
    実際に行かれた方の真実の口コミ投稿をお待ちしています。

ページの先頭へ

PAGE TOP