Top > 奈良のパワースポット > 高天彦神社

高天彦神社

奈良パワースポット高天彦神社(たかまひこじんじゃ)は、奈良県と大阪府の県境にある金剛山の麓に建つ神社です。

5世紀ごろに栄えた葛城氏の祖神「高皇産霊神(たかみむすびのかみ)」を祀っています。

御神体は、社殿の背後にそびえる円錐形の白雲峯(694m)。

この一帯は、古くは日本神話に登場する「高天原(神々が住んでいた土地)」と考えられていたほど、古い歴史があります。

高天ヶ原は、古事記が伝えるところによると、神代に天照大御神が統治していたところで、ここから瓊々杵尊が日向の高千穂の峰に降臨したとされています。

高天原を訪れた方が真っ先に向かうのがこの高天彦神社(たかまひこじんじゃ)だと言われています。

伊勢神宮パワースポット
それほど大きくない神社ですが、境内に立つと何とも言えぬパワーを感じずにはおれません。

あっ、ここには神様がいる。。。

訪れた人、皆が皆、そう感じます。

奈良パワースポット

県道から山間の道を上っていくと、古木に囲まれて鬱蒼とした参拝道の入口が見えてきます。

奈良パワースポット

巨木群のなかを抜けると鳥居が見えてきます。

奈良パワースポット

社務所もない小さな神社ですが、空気が凛と張り詰めています。

奈良パワースポット

御神体の白雲峯。
美しい円錐形をしています。

奈良パワースポット

神さまのパワーを分けてもらいましょう。

奈良パワースポット

社殿は三間社神明造り・明治十年の建築だそうですが、築年数以上の風格がありますね。

奈良パワースポット

社殿の左脇には土蜘蛛を埋めた跡とされる蜘蛛塚があります。
ガイド本に紹介されることもなく、現地に案内板もないので、多くの方は見落とすと思います。
見つけた方も何か分からずに帰ってしまわれることも多いことでしょう。

土蜘蛛とは、古代日本における、天皇への恭順を表明しない土着の豪傑などに対する蔑称です。
大和葛城山の葛城一言主神社にも、土蜘蛛塚という小さな塚がありますが、これは神武天皇が土蜘蛛を捕え、彼らの怨念が復活しないように頭、胴、足と別々に埋めた跡といわれています。
そして、日本書紀では、『有尾人』と記述され、古事記でもこの地方の人のことを『尾の生えた土雲』と書かれています。
この地域の「葛城」という名前は、神武天皇がこの地域にいた先住民を葛でひっくくって退治したからだと伝えられています。
この先住民は手足が長いために『土蜘蛛』と呼ばれていたらしいのです。
このエリアより北で、神武天皇に逆らった豪族として長髄彦(ナガスネヒコ)がいます。
ネーミング的には同じ発想ですね。
土蜘蛛という名は、天皇家にとっては目障りな存在としての「まつろわぬ民」の総称なのでしょう。


パワースポット-ライン
名称 高天彦神社(たかまひこじんじゃ)
祭神 高皇産霊神(たかみむすひのかみ)
市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)
菅原道真
神徳・ご利益 交通安全・勝負運・学業・五穀豊穣・無病息災
住所 御所市北窪158
電話番号
備考
アクセス 御所駅からバスで
【スポンサーリンク】

▲ページトップに戻る


口コミを書く

メールアドレスやIPアドレスが公開されることはありません。お気軽に投稿してください。

管理人が「やらせの口コミ」「宣伝目的の口コミ」「誹謗中傷目的の口コミ」などを精査のうえ掲載しますので、2~3日後に掲載となります。
確認画面は出ませんので、送信前にもう一度内容をお確かめください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

【高天彦神社】の1件の口コミ

  1. 管理人 さんの口コミ

    現在、口コミや感想はありません。
    実際に行かれた方の真実の口コミ投稿をお待ちしています。

ページの先頭へ

PAGE TOP