Top > 奈良のパワースポット > 高鴨神社

高鴨神社

奈良パワースポット高鴨神社(たかかもじんじゃ)は、奈良県御所市の金剛山東山麓にある神社で、京都の賀茂神社(上賀茂神社・下鴨神社)を始めとする全国のカモ(鴨・賀茂・加茂)神社の総本社です。

鴨一族はひろく全国に分布し、賀茂(加茂・賀毛)を郡名にするものが安芸・播磨・美濃・三河・佐渡の国にみられ、郷村名にいたっては数十にもなります。

高鴨神社は、その鴨族が氏神として祀っていた神社です。

祀られているのは、阿治須岐高日子根命(あじすきたかひこねのみこと)、別名、迦毛之(かもの)大御神(おおみかみ)。

大御神と呼ばれる神様は、古事記では天照大御神だけです。

では、天照大御神と同格に扱われている迦毛之大御神って、いったい何者? と疑問に思います。

しかし、神話の中では、少ししかエピソードが語られていません。

==============================================
『古事記』では、葦原中国平定の場面で登場します。

アヂスキタカヒコネはは、シタテルヒメの夫で、高天原に復命しなかったために死んでしまったアメノワカヒコの葬儀を訪れた。
しかし、アヂスキタカヒコネはアメノワカヒコとそっくりであったため、アメノワカヒコの父のアマツクニタマが、アメノワカヒコが生きていたものと勘違いして抱きついてきた。
アヂスキタカヒコネは穢わしい死人と一緒にするなと怒り、剣を抜いて喪屋を切り倒し、蹴り飛ばしてしまった。
シタテルヒメはアヂスキタカヒコネの名を明かす歌を詠んだ。
==============================================

と、これだけではどんな神さまなのか、よくわかりません。じつに謎の多い神さまなのです。

伊勢神宮パワースポット
『日本書紀』によると、葛野主殿県主の祖のヤタガラスが、神武天皇を熊野から大和へ道案内したことが記されています。

ヤタガラスは山城賀茂族の祖とされていて、また山城賀茂族はここ大和葛城の鴨族が流れていったとか、鴨の使用人が鴨を名乗った、などの説もあるが、これは定かではありません。

奈良パワースポット

境内はひっそりと静まりかえっていて、高天原の古社らしい雰囲気が感じられます。

奈良パワースポット

境内に大きな池があります。

奈良パワースポット

石段を上ると、室町時代に作られた本殿があります。


パワースポット-ライン
名称 高鴨神社(たかかもじんじゃ)
祭神 阿治須岐高日子根命(あじすきたかひこねのみこと)(迦毛之(かもの)大御神(おおみかみ))
事代主命(ことしろぬしのみこと)
阿治須岐速雄命(あじすきはやおのみこと)
下照姫命(したてるひめのみこと)
天稚彦命(あめわかひこのみこと)
神徳・ご利益 商売繁盛・勝負運・五穀豊穣・家内安全・事業安定・国家安泰
住所 奈良県御所市鴨神1110
電話番号 0745-66-0609
備考
アクセス 御所駅からバスで 風の森。徒歩15分。
【スポンサーリンク】

▲ページトップに戻る


口コミを書く

メールアドレスやIPアドレスが公開されることはありません。お気軽に投稿してください。

管理人が「やらせの口コミ」「宣伝目的の口コミ」「誹謗中傷目的の口コミ」などを精査のうえ掲載しますので、2~3日後に掲載となります。
確認画面は出ませんので、送信前にもう一度内容をお確かめください。

【高鴨神社】の1件の口コミ

  1. 管理人 さんの口コミ

    現在、口コミや感想はありません。
    実際に行かれた方の真実の口コミ投稿をお待ちしています。

ページの先頭へ

PAGE TOP